ボンボンブレードのつけ方のコツ

ボンボンブレード

最近は手芸が再ブームをしており、趣味として楽しんでいる方が増えています。自分で手作りしたものは愛着もわき、長く使用することができます。お子様への洋服や小物などを手作りしている方も多いのではないでしょうか。上級者の方は、様々な手芸パーツなどを利用しアレンジされる方もいるのでしょう。中でも、ボンボンブレードはつけるだけでとってもキュートで可愛い仕上がりになるのでおすすめです。
しかし、初心者の方の中にはつけ方が難しいと感じている方もいるのではないでしょうか。そこでボンボンブレードのつけ方のコツをご紹介します。

 


挟み込む縫い方

ボンボンブレードまず、片方の布の端にボンボンブレードを縫い付けていきます。ミシンをかけるときのマチ針はハリを落とす直前で抜きしっかり押さえながら縫うときれいに縫うことができます。
次にボンボンブレードを縫いつけた布に二枚目の布を合わせて、先ほど縫った縫い目の裏から全く同じ上を縫います。そして、割アイロンをしたあと表からステッチで押さえて完成です。ここで注意してほしいのが、ボンボンはアイロンに弱いため、ボンボンにくっつかないようにアイロンはかけましょう。

 

切替などに縫い付ける方法

ボンボンブレード二枚の違う布を縫い合わせて切替部分にボンボンブレードを使用する場合のつけ方をご紹介します。
好きなボンボンブレードを用意してミシン糸をそのブレードの色に合わせて選びます。
布の上に置き、マチ針を打っておきます。挟み込む縫い方と同じようにミシンをかけるときは、マチ針はハリを落とす直前で抜き、ボンボンブレードをしっかり押さえてゆっくり縫っていくときれいに仕上がります。
また、ボンボンブレードにはミシン目がだいたい3重にあるため、一番上のミシン目と一番下のミシン目の上を縫っていくとしっかり縫い付けることができます。

 

 

Bear's Pawはチロリアンテープやバイアステープなど手芸材料の通販を行っております。
ボンボンブレードもツートンボンボンやポップボンボンなど種類豊富にありますのでぜひ、好みのボンボンブレードで手芸を楽しんでみてはいかがでしょうか。