持ち手を縫い付ける時のコツ

持ち手ヴィンテージの布を使って、ハンドメイドバッグを作るなら、持ち手にもこだわりたいところです。かわいい持ち手を選ぶのはもちろん、きれいに縫い付けることが大切です。
しかし、持ち手の縫い付けは意外と難しいものです。中には、上手く縫い付けられないという方もいるかもしれません。ここでは、持ち手を縫い付ける際のコツを紹介します。

 

 

縫い付けるコツ

持ち手 まずは好みの持ち手を用意します。生地のテイストに合った持ち手を選ぶと、違和感のないデザインになります。縫い糸も持ち手や生地と同色のものを用意すると、仕上がりが自然です。
和柄ならバンブー素材の持ち手、ポップな柄ならプラスチック素材の持ち手などが、それぞれ相性が良いアイテムと言えます。

 持ち手は左右対称に、バランスよく配置するのがポイントです。位置を決めたら目印をつけます。マチ針を打ったりチャコペンで印を描いたりすると、高さや幅がずれにくいです。レザータイプの持ち手を付ける時は、一旦ボンドで固定するのもおすすめです。縫いやすいですし、耐久性も高くなります。

 縫い方については、持ち手の種類によって異なります。ポップなデザインのプラスチック持ち手の場合は布でループを作り、持ち手を通してループをバッグに固定します。ループは同じヴィンテージの布を使っても良いですし、デザインを変えてみてもオシャレです。

 

ヴィンテージの布に合う持ち手をお探しなら、Bear's Pawの通販をご活用ください。ポップでキュートなプラスチックタイプの商品を、激安価格で販売しております。ヴィヴィッドなカラーが印象的な持ち手なので、バッグのアクセントにもぴったりです。
さらに、プラスチックの持ち手以外にも、四葉のクローバーや植木鉢などをモチーフにしたオリジナル持ち手もあります。手縫い用なので、初心者の方でも簡単に取り付けられるのが特徴です。色々なタイプのバッグにお使いいただけます。かわいい持ち手を使って、世界に一つだけのオリジナルバッグを作りませんか。