手芸材料の収納方法

手芸材料は増えやすい

ハンドメイド女子という言葉が登場するほど、最近、女性の間では手芸や洋裁・和裁が流行っています。自分好みのアイテムを作れるのが魅力です。
ただ、オリジナリティのあるアイテムを作ろうとすると、手芸材料は増えてしまいがちです。そもそも、材料自体がかわいいデザインばかりなので、必要性がなくても買ってしまう人もいるのではないでしょうか。
気づいたらボタンやテープ、レースといったアイテムが、裁縫箱の中でぐちゃぐちゃになることも少なくありません。小さいグッズも多いため上手に収納しないと、紛失してしまう可能性も考えられます。

 

便利な収納方法

こまごまとしたアイテムを収納する時のポイントは、見える分類を行うことです。どこに何が、どれくらいあるかを確認できる状態にしておくと、衝動買いも減ります。簡単に実践できる収納方法を紹介します。

・PPボックスを使う
100円ショップなどで販売されているPP(ポリプロピレン)ボックスは、色々な使い方ができて便利です。特に工具用のボックスは細かく仕切られているので、整理整頓におすすめです。キットなどはA4サイズのファイルに入れておくと、キレイな状態で保存ができます。

・バスケットを使う
オシャレに収納したい時は、バスケットを使うのが一番です。大きいバスケットに小さいバスケットを入れると、仕切り付きの収納ボックスになるので分類も楽にできます。そのまま見せる収納にしても良いですし、布や蓋を被せて棚に入れておいてもかわいいです。

きちんと収納ができれば、足りないもの・余分なものが分かるので買い物もしやすくなります。

 

手芸雑貨のお買い物はBear's Pawにお任せください。キュートなボタンやバイアステープなどを、激安通販でお買い求めいただけます。手芸材料として使用するのはもちろん、ビジュアルインテリアとしても飾れるアイテムが満載です。かわいいアイテムを上手に収納して、手芸ライフを快適にしましょう。